自分が分かる!12星座解説(星座の3区分)

12星座は3つの分類法があります。

前回は、そのなかでも最も初歩的な2区分について解説しました。(詳しくはこちら

今回は3区分について解説します。

3区分は、活動サイン、固定サイン、柔軟サインに分類されます。
※サインは、星座のことです。

10天体がそれぞれどのサイン(星座)にあるか、さらには全体的にどのサイン(星座)が多いかで、あなたはさらに他の人とは違うパーソナルな自分に気が付くでしょう。

活動サインが多いか、

固定サインが多いか、

柔軟サインが多いか、

調べてみると面白いですよ。

 

12星座の「3区分」について

牡羊座をスタートにして、活動、固定、柔軟と当てはめていきます。

牡羊座は活動サイン、牡牛座は固定サイン、双子座は柔軟サイン、蟹座は活動サイン、、、

こんなふうに12星座は、3区分に分類ができます。

活動、固定、柔軟は、最初に意志があって(活動サイン)、その意思を受けついで(固定サイン)、結果が生まれる(柔軟サイン)、ざっくりといえばこんな関係です。

 

活動サイン

活動サインは、
「牡羊座」「蟹座」「天秤座」「山羊座」の4つ。

一番の強みは、スタートさせる力が強いということ。

でも、維持させる力はあまりありません。

しかし、何事においてもスタートさせる力はとても大切です。動きがないと何も始まりませんからね!

私は何といっても、牡羊座に4天体あるので、活動的です。未知なる経験に惹かれるのも、ここに理由があります。

 

固定サイン

固定サインは、
「牡牛座」、「獅子座」、「蠍座」、「水瓶座」の4つ。

一番の強みは、維持する力が強いこと。

でも、新しい動きには抵抗しがちです。

しかし、長期的に物事を進めるためには持久力は欠かせません。

また、芸術家や学者はこの固定サインがなくてはうまくいきません。

うちの主人は固定サインが7つ(獅子座3つ、蠍座3つ、水瓶座1つ)あるので、我が家はある意味バランスがとれています(笑)

 

柔軟サイン

柔軟サインは、
「双子座」、「乙女座」、「射手座」、「魚座」の4つ。

一番の強みは、変化に柔軟に対応し、調整する力が強いこと。

ただし、活動的でも固定的でもないので、柔軟サインが多いと決断力や積極性に欠けてきます。

変化は多いですが、受け身なので、活動サインのように騒がしさはなく、温和です。

自分から何かを始めるということはあまりありませんが、ときどき振り返って物事を整理するのは大切です。

 

あなたは活動サイン、固定サイン、柔軟サインのどれが多い?

どのサインが多いかによって、あなたの強みがわかることでしょう。

もちろん、これだけではあなたのパーソナルな部分を決めつけることはできませんが、傾向はつかむことができます。

それぞれのサインっぽくないことを続けることにはどこかで無理が生じます。

どんなライフスタイルを好むか、どんな人間関係に居心地の良さを感じるか、そんなこともわかるでしょう。

 

まとめ:自分がもつ星座を3区分で押さえれば納得できる部分が多々あるでしょう

自分にない部分を欲しがることはよくあります。

でも、真似してみたけど、しっくり来なかったということもあります。

固定サインの多い主人は、私のような特攻隊長的なことは「絶対にイヤだ」と言います(笑)

こればかりは仕方ありませんし、それぞれ生きやすさや好みのスタイルがあるわけですから、それを無理に変える必要もありません。

必要な時に、その機会はやってくるわけですから、自分らしく生きることを思い切ってやってみればいいのではないでしょうか?

次回は、3分類の最後、12星座の4区分について解説します。

全部の分類法を、自分にあてはめることで、より一層自分のことがわかりますよ~

 

コメントを残す