自分が分かる!12星座解説(星座の4区分)

前回までは、12星座の3つの分類法のうち、
「2区分(奇数/偶数)」「3区分(活動/固定/柔軟)」について解説しました。

今回は、「4区分」について解説します。

4区分は、火・風・水・地の4つのエレメンツ(元素)で分類されます。

どの元素が強いかで、その人の特徴をさらに深く読み取ることができます。

一方で、弱い元素があると、その元素に関係した事柄で悩まされることも意味します。

4元素は均等にその力を発揮することが大事になります。それが本質的な生き方へと繋がります。

では、4元素それぞれの特徴をみていきましょう。

 

12星座の「4区分」について

4区分は、火・風・水・地の4つです。

先ほども言いましたが、火が強いからそれをもっと伸ばしていこうと考えるのではなく、バランスよく育み、調和をとるのが4元素では重要です。

一つの元素にこだわり過ぎると、逆に生きにくくなります。

 

火(牡羊座・獅子座・射手座)

「火」は精神的で創造的な活力です。常に新しい課題や何かに燃えていないと元気になれない傾向があります。

生活は変化が激しいです。

独立性や自主性を好み、相手を突き放すような言い方をすることもあります。

現実離れな生活を送ることも多く、等身大に納まることに満足しません。

水の元素の人からすれば、耐えきれないことが多いはず。

 

風(双子座・天秤座・水瓶座)

「風」は知識・思想です。

知的に理解する力に優れ、個人的な見解ではなく客観的に物事を捉えます。

火が上に向かって燃え上がるとすれば、風は横に向かって拡散することを好みます。

一方、心情をくみ取ろうとはしない傾向があり、冷たい印象を与えることもあります。

火の元素とは相性が良く、水と地とは合いません。

 

水(蟹座・蠍座・魚座)

「水」は情感・情愛です。

これらをベースに価値判断し、対人関係を何より大切にします。

自他の感情を重視するため、物事の大局が見えないこともあります。

水は、混じる、くっつくという本性があります。火や風のように単独で変化しません。よって、常にだれかに和合したり、混じったり、くっついたりします。

火や風は、水にとって不安要素ですが、火や風が適度に働くことによって、水を温めたり、空気の循環で水が腐らなくなります。

 

地(牡牛座・乙女座・山羊座)

「地」は感覚的な能力を発達させ安定させます。

実生活の安定には、「地」の要素の強化が不可欠です。

「水」にはくっつくという本性がありますが、「地」の本性は閉じ込めるです。

火・風・水を仕切り、型にはめようとします。

水にとっては閉じ込められることは嬉しいですが、火と風はそれを嫌います。

また、地は感覚的な才能を発揮することに喜びを感じます。それによって裕福になるでしょう。

 

4つの元素の力を均等に発揮することが大切

あなたはどの元素のサイン(星座)が多いでしょうか?

それによってあなたのパーソナルな部分を一層深く読み取ることができると同時に、課題も見えてきます。

弱い元素があれば、それはあなたにとっていまの課題になっていることでしょう。

その課題を乗り越えていくことで、本質的な生き方ができるようになります。景色が変わります。

 

「火」の元素が弱い方

本当はやってみたいことがあるけれど、チャレンジすることを恐れていませんか?

頭で考えると大変そうですが、行動に移してしまえばいつの間にか成し遂げてしまうものです。

自分の可能性を広げるためには、アクションが必要です。

勇気を持ってチャレンジしましょう。

 

「風」の元素が弱い方

安住を手放すことを恐れていませんか?

今の場所は居心地がいいかもしれませんが、外へ出ることで有益な情報も手に入れることができます。

情報は人生に変革をもたらしてくれます。

内ばかりにこもらず、たまには外に出て交流しましょう。

 

「水」の元素が弱い方

身近な人をないがしろにしてしまっているかもしれません。

あなたを支えている人がいることを忘れてはいけません。

それは当然のことではなく、支える存在も含めて生かされているのです。

ワンマンになりがちなら、ときには助言を求めたり、パートナーに迎え入れたり、周りの力も借りてみましょう。

それがあなたの推進力にもなります。

 

「地」の元素が弱い方

一つのことをじっくりと極めることも大切です。

一見、地味なように思えるかもしれませんが、熟練の技を得た喜びは想像以上のものです。

飽き性なあなたは、自分に厳しく、やると決めたことを最低1年はやるようにしてみましょう。

一人の人間が人生で成し遂げられることはわずかなものです。本当の自分を探すのではなく、目の前のことに集中しましょう。

 

まとめ:苦手なことも、筋肉のように鍛えられる

人生とは不思議なものです。

向き合いたくない課題には何度も遭遇します。

それは向き合うだけの価値があることなのです。

それを乗り越えることで可能性が広がるのです。

自分らしい人生を生きる秘訣は、課題にとことん向き合うことです。

向き合って、向き合って、自分を成長させていくのです。

自分を変えるのとは違います。

いつもの安住の地から、一歩外へ出てみませんか?

人生が一気に開けるかもしれませんよ、、、

コメントを残す