願望成就力を高めるワーク

願望は自分の力で叶えるもの、あるいは引き寄せるもの、いろいろな見解があります。

いずれにしても、自分の中で準備ができていない限り、チャンスは来ても願望は実現されないのです。

何事においても準備は大切です。

今日は、願望成就力を高めるワークをご紹介します。

願望成就力を高めるものとは

引き寄せの法則について書かれた『ザ・シークレット』でも、”感情”が重要だと言っていますが、それは私も同感です。

この世を動かしているものは”感情”に他なりません。

あなたの人生も、あなたの感情によって形づくられているのです。

理想があるにもかかわらず、それ以上の恐怖があってそれにチャレンジできないことはよくあるパターンです。

私たちは、成長するにつれて、社会性を身につけると同時に、自分の感情に蓋をして、気づかないようにしてしまいます。

もちろん、いつも感情的だったら、「変な人」って思われてしまいます。

でも、この感情をうまく解放しないと病気にもなってしまいます。そして、願望成就力も下がってしまいます。

感情を解放するワーク

自分がどんな感情を抱いているかは、気づかないものです。

どうして今の仕事を選んだのか、どうして今のパートナーを選んだのか、どうしてやりたいことをやらないのか、
すべてのことにあなたの感情が関与していますが、じゃあそれがどんな感情なのかはきっとわからないと思います。

自分の感情がわからないと、自分の感情をコントロールすることも、活用することもできません。

でも、それをできるようにする簡単なワークがあります。

①話を聞いてもらう
聞いてもらうといっても、これは聞く側にも否定せずに無条件に受け入れてもらうということを協力してもらわなくてはなりません。

②紙に書く
感情は外に出すことで認識できます。
「上司に怒られた。腹が立った。認められていないと思った。見返したいと思った。」
こんな感じでいいんです。そうやって書いていくと、あなたの魂は時空を超えて過去などに旅に行きます。

「小学生のとき、自分は正しいことをしたつもりなのに先生に叱られた。そういうつもりじゃなかったのに勘違いされた。誰もわかってくれなかった」などなど、上司に怒られたときに生じた感情の源泉へと魂は勝手に旅に行って、キャッチしてくるのです。
自分がどんな感情に蓋をしていたかがよくわかります。

また未練を抱いたまま別れてしまった相手などがいれば、その人に向けて手紙を書くといいです(実際には送りませんが)。

蓋をしていた感情を解放すると、願望成就力が爆発的に上がる!

自分の感情を相手に話すなり、書くなりして外に出すことで、初めて自分のなかにあった感情に気がつくことができます。

私たちは、自分の想像以上に自分を抑え込み、我慢し、気づかないふりをしています。

これでは、あなたらしい人生を歩むことはできません。

以前から、「自分に許可を出しましょう」と言っていますが、本当にこれって重要なんです!

まとめ:今日から自分の感情を意識しよう

あなたの感情は常に発動しています。

怒り、憎しみ、悲しみ、喜び、孤独、むなしさ、憤り、不安、恐怖などなど。

そう感じる原因は何なのか?

それがわかれば、半分はクリアしてようなものです。

我慢したり、蓋をする必要はもうありません!

さあ、感情を解放して、願望成就力を高めていきましょう!

 

[cta id=”646″ vid=”1″]

コメントを残す