お祝い事は盛大に

5月といえば、子どもの日や母の日などお祝いの日が多い月ですね。

そして来月6月はジューンブライド。結婚式を挙げる人、参列する人も多いのではないでしょうか?

どの程度お祝いしたらいいのか悩むこともあるでしょうが、盛大にすることをおすすめします。

与えたものが受け取るもの

富を受け取る原則は、”与える”ことです。

与えたモノがそのまま帰ってくるわけではありません。喜ばせた分だけ、逆に自分にも喜びがかえってくるということです。

貢献した分だけ、自分に対してもその見返りがかえってくるのです。

面白いのは、与えた人から必ずしもかえってくるわけではということです。どこからかかえってくるのです。

宇宙って面白いですよね。

ちょっと背伸びするくらいがいい

お祝いというのは、国や文化によってものすごく違います。

中国の結婚式は、数年分の年収の金額をかけて参加者をもてなすとか。

いずれにしても、大事なのは気持ちを表すということです。

決まりきっているよりは、ちょっと変化をだしたり、ちょっと背伸びしてみたりするといいですね。

要望は控えめに

基本的に、お祝い事ではもてなしてもらう方があれこれと要望を出すものではありません。自分の誕生日にはこんなふうに祝ってほしいと注文ばかりつけていたら、祝う側の素の気持ちが薄れてしまいます。

逆にお祝いの席に参加する側は素直に受け取ることが大事です。

まとめ

今年の母の日は昨年と少しテイストを変えて贈り物をすることにしました。みなさんも、これからのお祝い事、自分なりに盛大にやってみませんか?

 

【Reiko公式サイト】公開記念キャンペーン実施中!

☆☆ キャンペーン内容 ☆☆

個人鑑定について、初回¥30,000のところを、30名様限定で¥10,000で鑑定いたします!

初回 ¥ 30,000

⇒⇒⇒ ¥ 10,000 (限定30名様) ※残り15名

個人鑑定の詳細はこちらをクリック…Click!

↓↓↓ 鑑定のご予約はこちらから ↓↓↓

予約カレンダー(5月の予定も更新)

※個人鑑定を予約する場合、コメント欄に「生年月日(できれば生まれた時間も)」「生まれた場所(●●県■■市)」「特に知りたいこと」をご記入ください。

コメントを残す