西洋占星術から分かる!あなたのトリセツ(天体編)

占いというと、太陽星座による占いが一般的です。

朝の番組でも、毎日ランキングをしてますよね。
あれは、生まれたときの太陽がどの星座に位置していたかで占う方法。

でも、私たちの運勢・特徴を12パターンで分けるとなると、かなり大雑把になってしまいます。

一方、西洋占星術では、太陽だけでなく、
水星金星♀火星♂木星土星天王星海王星冥王星など、少なくとも10天体を見ます。

それだけでなく、12星座ハウス(黄道を春分点から30度ずつ12分割した区分)も加味していきます。

まだまだ! それだけでなく、天体同士の位置関係も非常に重要です。

西洋占星術による鑑定は、それぞれの天体星座ハウス位置関係などを総合的に見ていくのです。

だから十人十色で、メチャ面白いんです。

こんなことを語り出したら、何冊も本ができてしまう上に、専門的な話になってしまうので、
できるだけ簡単にまとめてみました。

今回は天体についてだけご紹介します。

天体が示すこと

天体にはそれぞれ公転周期があります。
周期は、あるテーマが発生して完了するまでの期間のことです。
私たちの人生にも、
短期スパンのテーマ(例:今日のご飯はどうするかなどの日常的なこと)
中期スパンのテーマ(例:習い事や新プロジェクトといった数ヵ月~数年単位なこと)
長期スパンのテーマ(例:一生をかけて成し遂げたいこと)
と、すぐにでも成し遂げたいテーマ、時間をかけて成し遂げたいテーマがあります。

ですから、例えば、公転周期が29年の土星は、
日常的な物事にほとんど影響を与えないのです。
むしろ、土星が影響を及ぼすのは、長い目で見た生き方に関してです。
30歳前後で生き方がガラッと変わるのは、土星の影響が大いにあります。
60歳前後の定年期もそうです。

また、天体の周期だけでなく、天体それぞれが持つ特徴も重要です。
例えば、恋愛に関して、
女性がデートしたくなる相手は火星♂から読み取れます。
でも、結婚や日々の生活といった継続的な関係は太陽から読み取れます。
男性の場合は、デートしたくなる相手は金星♀から、
継続的な関係は月から読み取れます。

火星♂と金星♀は新しい刺激を求める天体。
一方、月と太陽は毎日繰り返される天体。

もちろん、その天体だけからすべてを判断するわけではありませんが。
何となく、天体それぞれにテーマがあることが分かっていただけたと思います。

一応、それぞれの天体の公転周期と発達年齢域、司るテーマをご紹介します。


公転周期:約28日
発達年齢域:0歳~7歳
特徴:感情の快・不快など

水星
公転周期:90日弱
発達年齢域:8歳~15歳
特徴:神経作用や知性の発達

金星♀
公転周期:225日
発達年齢域:16歳~25歳
特徴:感受性の華やかさ(月と似ていますが、月は普段着で、金星は外行きの服といった感じ)

太陽
公転周期:365日
発達年齢域:26歳~35歳
特徴:能動性

火星♂
公転周期:2年
発達年齢域:36歳~45歳
特徴:対外的な主張

木星
公転周期:12年
発達年齢域:46歳~55歳
特徴:発展、繁栄、拡大、増殖

土星
公転周期:29年
発達年齢域:56歳~70歳
特徴:生活や生き方の基盤の変革

天王星
公転周期:84年
発達年齢域:71歳~84歳
特徴:個人の開放、客観的な価値観に生きる

海王星
公転周期:165年
85歳以降死に至るまで
特徴:無意識から精神的活力を引き出す

天体に特徴を与えるものとは

私たちは、すべての天体の影響を受けて生きています。

「感情は月」、「知性は水星」、「恋愛といった感受性は金星」、「能動性は太陽」などのようにです。

でも、感情ひとつにしても、何に快不快を感じるかなどは十人十色です。
恋愛パターン、思考パターン、何に対して能動性を発揮するかも人それぞれです。

「じゃあ、それって何でわかる?」というと、星座です。
12星座のことです。

星座は、性格的イメージ付けをしてくれるものです。

とはいっても、牡羊座ひとつを取りあげても、牡羊座1度から牡羊座30度まであって、その特徴は大きく異なります。

それぞれに角度によって意味があるだけでなく、他にもいろいろな観点から鑑定します。一例を挙げると…

☑ 角度が奇数か、偶数か
☑ 12星座の何番目か
☑ 0度から30度のどの区分帯か(最初の5度と最後の5度では特徴が大きく異なります)

まだ他にも観点があるのですが、割愛いたしますね(笑)

今後のブログで小出しにしつつ、
講座も開きます(オンラインにするか、ワークショップにするか、両方合体させるか)ので、
楽しみにしていてくださいね!

まとめ:各天体にはあなたの年齢域のテーマが隠されている

10の天体があって、それぞれにテーマがあります。

天体には、私たちの人生のテーマが隠されているのです。

太陽星座はほんの一部。
月星座もほんの一部。
すべての天体を知ると、どれだけのことがわかるか!

次回は、その天体を特徴づける12星座について簡単に解説しますね~。

 

[cta id=”646″ vid=”1″]

コメントを残す