テーマを絞るべし!

あれもしたい、これもしたい。

私はどちらかというとやりたいことが多い人です。

旅行大好き、不思議なこと大好き、甘いもの大好き、車大好き!

やったことのないことは、とにかくやってみたい。

でも、もしやりたいことがいつも中途半端な人は、やることを絞ったほうがいいですよ。

人生でできることは少ない

寿命は人それぞれですが、私たちの人生でできることは少ないものです。

たとえば、今世で何かを極めようと思ったら、せいぜい2、3個でしょう。

私の場合、営業と占星術といったところでしょうか。

仕事は記憶にないくらい必死でした。占星術も夢中でした。

たぶん、あれもこれもと色々なことに手を出していたら結局何も極められなかったと思います。

極める過程はどれも一緒

一つのことを極めようと思ったら、色々なことを乗り越えなくてはなりません。

その過程はどれも一緒だと思います。

浮気性な人は、だいたい同じようなステップで投げ出しているような気がします。

私のように占星術に興味を持っている人はたくさんいます。

まずは自分の運勢を知ることからはじめ、さらに興味を持ち、今度は家族など身近な人について調べる。

これは凄いと思い、多くの人の鑑定をしたいと思いますが、
募集しても人が集まらない、あるいは友達に茶化されて気持ちが萎える…。

そんなときに、”話題沸騰!100万人の人生を好転させた占い師が教える〇〇占い”なんて広告を見て、
「私が求めていたのはこれだわ!」と飛びつく。

壁にぶつかると、それを乗り越えようとしないで、
「もっといい他の何かがあるはず」と信じて、浮気してしまう。

でも、これまでたくさんの方を鑑定してきて思うのは、
みなさん自分天命に沿って生きているということです。

「もっといい他の何かがあるはず」というのは、幻想のような気がします。

結局、あなたが極めたいものが何であれ、
必ず乗り越えなくてはならない壁がいくつも用意されているということは心得ておくべきデス!

煮詰まったときこそ感性を大事に

思うようにいかないときってあります。

色々考えてやってはみたものの、成果はイマイチなんてことも。

そんなときほど感性を大事にしましょう!

宇宙は必ずあなたにヒントあるいはチャンスを与えています。

問題をクリアしようと思ったら、それよりも上の次元で考えなくてはならないのです。

アインシュタインも同じようなことを言っていました。

上の次元に進めさせてくれるもの、それはひらめきといった感性なのです。

十分考えたわけですから、ちょっと立ち止まって、
「ヒントをください」って問いかけてみましょう。

そして周りの出来事を観察しましょう。

もしかしたら、友人があなたの困っていることを解決させるようなヒントを持ってきてくれるかもしれません。

まとめ:テーマを絞って、コツコツ極めていきましょう

先日のブログでも書きましたが、あることを極めようと思ったら、
最低でも1万時間はそのことに時間を費やす必要があります。

なかには、「〇時間で習得できるマル秘習得術」なんてノウハウもあるかもしれませんが、
あなたが今世で極めることには当てはまらないと思ってください。

とにかく、あなたが「これをやりたい!」と決めたことであれば、
浮気せず、忍耐強く続けることです。

今目の前に立ちはだかっている壁は、いずれにせよあなたがクリアしなくてはならない問題なのです。

困った時は、助けを求めていいんです。

今自分に何ができて何ができないか、それが大事。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

[cta id=”785″ vid=”0″]

コメントを残す