やりたいことを見つける方法

やりたくないことはわかる。

でも、肝心なやりたいことがわからない。

 

よくある悩みです。

私は占星術や不思議なことが大好きです。

でも、見つけようとしたら見つからなかったかもしれません。

 

では、どうすれば好きなこと、夢中になれることに巡り合えるのか。

その方法をお伝えします。

 

それって本当にやりたいことですか?

やりたいと思っていても、できていないことはありませんか?

むしろ、やらなくちゃって思っていませんか?

 

それはたぶん、やりたいことではないかもしれません。

だって、やりたいってことは、忙しくても時間を見つけてやるはずだからです。

 

「いや、そんなことはない」と思う方は、
うまくやりたい、失敗したくないと過剰に考えすぎているのかもしれません。

 

それって本当にやりたいことなのか、自分の気持ちを素直に聞いてみてください。

 

やりたいことを見つける方法

やりたいことは、見つけようとして見つかるものではありません。

事実、子供の頃の夢をそのまま叶えた人がどれほどいますか?

成長する過程で、”やっぱりちがう”って感じたのではないでしょうか?

そしてまた違うことをやってみて、また変える、そんなことを繰り返してきたのではないでしょうか?

 

私だって、大学は工学部ですからね(笑)

 

でも、それでいいと思います。

 

大事なことは、やりたいと思ったことをひたすらやって、なんか違うと感じたものは削る。

これまでやってきたことで、いまでも続けていることが一つや二つあると思います。

それはたぶんあなたのやりたいことかもしれません。

 

とにかく、興味をもったら、かじってみましょう!

やってみて楽しければ続ける。

イマイチと感じたら、やめる。

それをひたすら、ひたすら、ひたすら続けましょう。

 

やりたいことを極める方法

やりたいことを極める方法は二つしかありません。

あなたはどちらでしょうか?

 

大量にインプットする

大量にインプットすれば、自然とアウトプットされます。

インプットが中途半端だから、アウトプットされないのです。

ちょいつまみではいけません。

食べる時は思いきり食べるのです。

本物を学ぶのです。

その道で有名な人から学ぶのです。

私も西洋占星術は、その道の権威から学びました。

そういった人から学ぶと、やっぱりすごいなって思います。

全力で学んでみましょう!

 

大量行動

やりたいと思ったら、ひたすらやることです!

木造飾馬ってご存知ですか? 以下の画像がそれです。

最初はだれもがこんなものを造れないと思います。

でも、一流の彫刻家は、「どうすればこんなに素晴らしい作品ができるのか?」と訊かれて、次のように答えるのです。

「馬ではない部分をとにかく削り落とすのです」

 

最初からこれをカタチにしようと思ってはいけないのです。

大きな塊を用意して、無駄なモノを捨てていくわけです。

 

いいものを見つけようとしている限りは、それは見つからないのです。

これはすべてに通じることだと思います。

 

とにかく大量行動して、たくさん試して、大きな塊を作りましょう。
そこから違うモノ、無駄なモノを捨てていくのです。

 

うまくやろうと思わず、とにかく思いつくことをすべてやればいいのです。

 

私のブログだって、最初はとにかく書いただけです。

書いて、書いて、書いて、なんか違うなと思ったことを修正していったのです。

 

サイトの名前だって、コンセプトだって、途中で変えていいんです。

変えちゃいけないと思っているのは張本人だけです(笑)

 

「何から始めたらいいですか?」という質問には、私は次のように答えます。

「思いついたことをまずはやってみてください」

 

まとめ:やりたいことは気が付くもの

極論、やりたいことは見つけようと思って見つかるものではありません。

もし、見つかるのだったら、だれだってやりたいことをできているはずです。

 

私が鑑定する限り、
やりたいこと、得意なことを皆さんはすでにやっています。

 

確信が持てない、夢中になれないとしたら、
インプットが足りないか、アウトプットが足りないか、どちらかです。

 

思いついたら、試してみるということを
是非、人生の習慣にしてください!

 

コメントを残す