チャンスをつかむ方法

チャンスはだれにでもやってきます。

 

でも、だれもがそのチャンスをつかむわけではありません。

気がつかない人もいれば、チャンスだと感じていながらも尻込みしてしまう人もいます。

 

チャンスというのはそういうものです。

チャンスはいつだって私たちを試しているのです。

 

でも、つかみ方さえ体で覚えてしまえば、あとは自動運転です。

あなたも、チャンスのつかみ方をマスターしませんか?

 

だれにでもチャンスは訪れる

能力、人間性、資産に関係なく、だれにでもチャンスは訪れます。

チャンスから逃れる方がよっぽど難しいです。

チャンスというのは、機会です。

「生きる」=「機会の連続」なのです。

その機会に、あなたが何を選択するかなのです。

「やってみない?」と声をかけらる場合もあれば、

自ら「やらせてください」と志願する場合もあるでしょう。

いずれにしても私たちはチャンスで溢れています。

 

消極的な姿勢はチャンスを逃す

「頼まれごとは試されごと」なんてことをよく聞きますが、その通りだと思います。

消極的姿勢だと、頼まれごとに対して、ついこんな反応をとってしまいます。

  • もっと詳細を教えてください
  • 一度検討させてください
  • できるかどうかわかりません

慎重であることはいいことです。

でも、時として慎重すぎて、意思表示せずに曖昧にしてしまうと、チャンスは遠ざかってしまいます。

他のところでも、こんな消極的姿勢が現れていませんか?

  • 質問できる機会で質問をしない
  • 目立たないようにする(勉強会や交流会など)

 

チャンスをつかむ方法

だれにでもチャンスは訪れます。

それをつかみさえすれば、あなたの人生はまるっきり変わります。

チャンスをつかむのは、簡単です。

実践あるのみです。

 

質問する

身近に尊敬する人がいるとします。

あなたはそういった方々に質問をしていますか?

私はセミナーに参加すると、できるだけ最前席に座り、質問攻めにします。

気になることがあれば、お問合せしたり、コメント欄に質問したり、とにかく質問して答えを得ます。

もし、こんなマインドがあったら捨てましょう。

  • こんな低レベルな質問をしたらいけないのではないか
  • 忙しいから迷惑になるのではないか
  • 私ばかり質問して、他の人の質問の機会を奪ってしまうのではないか

次の格言を胸に刻みましょう。

「人生の質は、質問の質で決まる」

あなたよりも先を進んでいる人がいれば、積極的に質問しましょう。

 

意志表示を明確にする

せっかくのオファーを受けたい。

でも、時間もお金も、余裕もない。

そんな状況はよくあることです。

でも、そんなときこそ現状を正直に伝えて、意思表示をしましょう。

  1. オファーを受けるのか、受けないのか
  2. 現状をきちんと伝える
  3. オファーを全力で全うできるように、アクションプランを伝える

そうすることで、相手は待ってくれるかもしれませんし、ネックになっている問題を解決する手助けをしてくれるかもしれません。

とにもかくにも、あなたの意思表示がなければ、始まらないのです。

 

コンフォトゾーンから飛び出す勇気を持つ

だれだって最初は実績もスキルもありません。

失敗は怖いです。

でも、その失敗の中に必要な学びが詰まっています。

最初から、成果・結果にコミットする必要はありません。

一生懸命やる。

これだけでいいのです。

飛び込まなければ成長はありません。

思い切って飛び込みましょう。

 

提案し続ける

私たちはついつい反応を待つ傾向があります。

せっかく素晴らしい人と出会っておきながら、その後の連絡を待つ。

自分が力になれそうならアピールしましょう!

やりたいこと、好きなことなら、どんどん自分からアピールしましょう。

写真が好きなら、

  • 美味しそうに見える料理の撮り方
  • 注文の多いメニュー写真の特徴
  • 「いいね!」が増えるプロフィール写真
  • 綺麗な夜景の撮り方(「スマホバージョン」「一眼レフバージョン」)

などと、思いついたことをどんどん提案、発信していくのです。

相手が何を求めているかなんて、相手でさえ分かっていないことが多いです。

だったら、きっとこうだろうというものを発信していけば、どこかでヒットするのです。

発信することで反応がわかるわけですからね!

マーケティングでこんな格言があります。

「構え、撃て、狙え!」

最初から大ヒット、大成功させようと、いつまでも撃たずに狙ってばかりいてはいませんか?

まずは構えて撃ってみましょう!

 

瞬発力をつける

すばやく反応する。

何事においても、これって大事です。

「これいいじゃん」と思ったら、そく行動に移す。

分からないことはすぐに調べる。

「その通り!」と思ったら、すぐに実践する。

あいだをあけすぎない。考え過ぎない。

フットワークを軽くしましょう。

 

まとめ:とにかくやってみる

乗り物で一番エネルギーを使うのが、最初の動き出しです。

それは私たちでも同じ。

朝起きるのは辛いかもしれません。

やったことのないことをやるのは辛いかもしれません。

でも、それはだいたい最初だけなのです。

やっていくうちに、試行錯誤しているうちに、必要なことを学んで、慣れてくるのです。

この流れをいかに早くつくるか。

大切なのは、できるかどうかではなく、やるかどうか。

結局、行きつくところは、ここなんですよね(笑)

でも、質問はどんどんしたほうがいいですよ!

なかなか一歩踏み出せない人は、是非質問をしまくってみてください!

 

P.S.

コメント大歓迎。

質問も大歓迎。

 

コメントを残す