重要なのは願望ではなく意図

おとといの26日は牡牛座新月でした。

新月のお願い事をした人も多いことかと思います。

私も新月のときは毎回お願い事をします。

でも、お願いだけして待っていても何も実現されません。願望は願望のままでは意味がありません。

私がセミナーでよく言うのは”意図する”です。この意図こそが願望実現に重要なことです。

そんなわけで、今日は意図についてお話します。

願望と意図はちがう

願望と意図はまったく違います。

”願望”はそれだけではまったく無意味なものです。「高級車が欲しい」と思うのはただの願望です。
「高級車が欲しい」と願ってばかりいても、あなたに高級車が届けられることなどないのです。

一方、意図”は私なりに納得いく定義をあげるなら、ヴァジム・ゼランドさんの「所有し行動する決意」です。
(ヴァジム・ゼランド「[願望実現の法則]リアリティ・トランサーフィン 魂の快/不快の選択」徳間書店)

意図する、つまり「高級車を手に入れよう」という意図こそが願望実現に重要。

実現されるのは”願望”ではなく、”意図”の方なのです。

意図には”内的意図”と”外的意図”がある

意図にも、”内的意図”と”外的意図”の2種類があります。

内的意図は、自分の力で何かを成し遂げようというもの。つまり、行動する決意です。
外的意図は、自分に相応しいものはやがて現実化されるというもの。つまり、所有する決意です。

内的意図は、高級車を手に入れようとあなたを奮起させるでしょう。ダブルワークをしたり、安く手に入る方法を探したり、とにかくあらゆる可能性を模索し行動するでしょう。

一方、外的意図は、高級車を手に入れられる人生ラインへと切り替えます。高級車のオーナーさんと関わる、実業家・起業家となる道を選ぶなど。

ハエが一生けんめい外に出ようと窓ガラスに何度も何度も体当たりしているのが内的意図です。
でも、今の状況から少し距離を置いて全体を見ると、外へ通じる出口がみつかる。そして当初進んでいた道から、外へ通じる道へと切り替える。これが外的意図です。

外的意図こそが近道

きっと多くの人が願望を実現させようと内的意図を働かせていると思います。

でも、外的意図をもって全体を見ることで、もっとすばやく願望を実現する道を見つけることができるかもしれません。

一生けんめい行動することも大切。でも、客観的になることも大切。そのバランスをとりながら願望というゴールに向かってみませんか?

 

【Reiko公式サイト】公開記念キャンペーン実施中!

☆☆ キャンペーン内容 ☆☆

個人鑑定について、初回¥30,000のところを、30名様限定で¥10,000で鑑定いたします!

初回 ¥ 30,000

⇒⇒⇒ ¥ 10,000 (限定30名様) ※残り16名

個人鑑定の詳細はこちらをクリック…Click!

↓↓↓ 鑑定のご予約はこちらから ↓↓↓

予約カレンダー(5月の予定も更新)

※個人鑑定を予約する場合、コメント欄に「生年月日(できれば生まれた時間も)」「生まれた場所(●●県■■市)」「特に知りたいこと」をご記入ください。

コメントを残す