○○しないと成功しない

2日ぶりのブログ更新です。

週末は息子のレースの応援に行っていました。

公式戦初優勝!

近いようで遠かった頂点。本人も辛い時期をよく耐えました。
だからこそ表彰台ではピカピカの笑顔が自然と出たのでしょう。

やっぱり、成功の秘訣は忍耐だと思いました。

今日は長く活躍するための秘訣について書きました。

自然界のリズムと人間のリズムは同じ

自然界にはある一定のリズムがあります。

例えば、私たちの主食であるお米には、
「土壌づくり」「種まき」「生育」「収穫」(だいぶ大まかですが…)の時期があります。

これはすべて必要不可欠なものです。
これらすべての過程を経て、立派な実をつけるのです。

お米の種には、立派なお米になるだけの素質が備わっているのです。
でも、その素質は一定の過程を経ないと開花しないのです。

それは私たちの人生でも同じこと。

以前もブログで書きましたが、私たちはすべての天体の影響を受けていて、その天体が司る年齢域があるのです。
それぞれの年齢域で必要なことを学び、それらを総動員していくのです。
(各天体の年齢域がわかる記事はこちら

あせってはいけない!

才能が開花するためには、ある一定の過程があり、ある一定の期間を要します。

最近は、何かと若年デビューが取りざたされますが、
若年デビューした人たちの今はどうでしょうか?

黄金時代は長くは続かないのです。
しかも、大した失敗もせずに得た成果なんて、本物の実力によるものではないのです(おっと、失礼…)。

しかも、人間はその小さな成功とプライドを捨てられません。
だから、若いうちほど悔しい経験をしたほうがプラスです。

周囲の人たちが、いち早く成果を出していたとしても気にすることはありません。

あなたも、その過程を着実に経ることで、あなたの才能は必ず開花します!

「焦ってはいけない」と言うと、
「のんびりやろうじゃないか~」って脱力してしまう人がいますが、
そういうわけでもありません。

焦りは禁物! でも、忍耐は必要!

才能を開花させる秘訣は”失敗”にあり

失敗というと、
お客様を怒らせてしまったとか、寝坊してしまったとか、やらかしてしまった系のものばかり連想します。

でも、失敗にはいろいろあります。うまくいかなかったこともある意味で失敗です。

初めはうまくいかなくて当然なのです。

仕事も、恋愛も、人間関係も、スポーツも最初から完璧なんてことは絶対ないんです!

やればやるほど上達するものです。

自分はうまくいかなくて、相手は順調だったとしたら、
こんなに悔しいことってありません。

でも、自分を鍛え直して、じっと耐える必要があるのです。

忍耐の時期、開花するまでの道のりでは、
「向いてないんじゃないか」「別のことならできそう」といって気持ちになりやすいです。

でも、どんなことにも忍耐すべき期間、うまくいかない時期があるのです。

毎回投げ出していたら、あなたの才能はいつまでたっても開花されません!

まとめ:じっと耐える癖をつけましょう!

自分がやりたいと思ってやったことは、ある程度続けてみましょう。

「楽しそう」「やってみたい」というのは魂の声です。

だから、そこはあなたの才能を発揮できるフィールドなのかもしれません。

この判断はとても難しいですが、
自分の魂の声(感情も魂の声です)を聞いたり、
現象占いで吉凶を占ったり、
夢占いで未来を判別したり、
こうしたことを実践していけば、自ずと才能を開花するフィールドに行けるようになるでしょう。

確実に知りたいのであれば、
西洋占星術でホロスコープを見ることをおススメします。

 

[cta id=”646″ vid=”1″]

コメントを残す