上半期にたまった厄を祓いましょう

今日は夏越しの祓い。

神社に行くと、茅の輪が置いてあります。

その輪をくぐって、お参りをすることで、
半年間にたまった厄が祓われると言われています。

夏越の祓は、6月30日をさしますが、
すぐに撤去されるわけではありませんので、
この週末に行ってみましょう。

どうやって茅の輪をくぐるの?

正しい神社のお参りの仕方からいきます。

①鳥居をくぐる前に一礼する
ちなみに、お参りするときに中央を歩かないこと。
中央は正中といわれ、神様の通り道です。
なので、左右どちらかを歩きましょう。

②手水舎で清める(一杯ですべてを完結させます)
手水舎の正しい作法は、
「水を一杯すくう」→「左手を清める」→「右手を清める」→「左手に水を注いで、その水で口の中を清める」→「左手で口元を隠して、吐き出す」→「左手を再び清める」→「残りの水で柄を清める」

③茅の輪をくぐる

④お参りをする
お参りの作法は、その神社が指示したものに従ってください。
基本的には、”二礼二拍手一礼”です。
硬貨を投げる人がいますが、投げ入れるなんて失礼です。そっと入れましょう。
なお、銀貨、銅貨、穴あき硬貨を1枚ずつ入れるといいですよ。

まとめ:厄は小まめに祓いましょう

厄は知らず知らずにたまってしまうもの。

夏越の祓、年越の大祓だけでなく、
定期的にお参りしたり、清め風呂(天然塩と日本酒を入れる)に入ったりして、
清めましょう。

祓い清めることで、運気の吸収力は格段に上がるはずです。

では、よい週末を~

 

[cta id=”785″ vid=”0″]

コメントを残す