なぜ新月にお願いをするといいのか?

2017年9月20日14:31に新月に入ります。

新月のお願い事とよく言いますが、なぜ新月にお願い事をするといいのでしょうか?

これは西洋占星術的にきちんとした理由があります。

なぜ新月にお願いするといいのか、どうすれば強力なエネルギーを受け取ることができるのか、ご紹介していきます。

新月とは月と太陽が融合している瞬間

新月は、地球と太陽の間に月が入ることです。

地球から見て、
天体Aと天体Bが同じ角度をとっていることを西洋占星術では「コンジャンクション」といいます。

つまり、新月は「月と太陽がコンジャンクション」というわけです。

すべての天体がつねに移動をしているため、互いの角度も変わります。

30度(セミ・セクステル)になったり、60度(セクステル)、90度(スクエア)、120度(トライン)、150度(インコンジャンクト)、180度(オポジション)、0度(コンジャンクション)と天体同士の角度は変化するわけです。

なかでも、0度(コンジャンクション)は最強の角度で、良くも悪くも二つの天体が融合し、強め合う作用が働きます。

新月というのは、「人の無意識に働きかける月」と「積極性をもたらす太陽」が融合するため、願望実現のためのパワーが得られる絶好のタイミングというわけです。

だから、新月の日に願いを明確にしておくことが重要なのです。

 

注意! 新月にも願望実現を妨げる魔の時間帯がある

2017年9月20日14:31より新月に入ります。

しかし!!!

新月に入ると同時に、ボイドタイム(思いがけないミスなどをしやすい「魔の時間帯」)も始まります。

今日のボイドタイムは、【14:31~19:07】です。

つまり、この時間帯にお願いしてはいけないということ。

じゃあ、14:31前にお願いすればいいの?

14:31以前は、新月に入っていないのでダメ!

ということは、ボイドタイムが終わって以降にお願いするのが正解。

でも、ボイドタイムが終わってすぐよりは、少し時間を空けて20時くらいにお願いをするのがいいと思います。

ボイドタイムについては詳しく知りたい方はこちら

どんなお願いをすればいいの?

2017年9月20日は乙女座の新月です。

乙女座のキーワードは「清潔」や「秩序」「自己管理」です。

新しいことを始めるよりは、軌道に乗せることに力を発揮する星座です。

また、悪習を断ち切るのにも最適です。ダイエットにもいいですね!

お願い事をする際は、制限をかけず、思いついたことを書くことです。

また、あれこれを方法を考えないことです。

例:苦痛を伴わないダイエットで、○㎏まで減量する

例:たまっていた仕事が効率よく片付く

例:実行中のプロジェクトが軌道に乗り、私がプロジェクトリーダーになる

 

願い事は、3個以上10個以下にしましょう。

3個でもOK!

10個でもOK!

11個はダメ!

 

まとめ:新月パワーを活用して、勢いをつけよう

新月は、無意識に働きかける月のパワーと、積極性をもたら太陽のパワーを同時に得られる最高な日です。

一年に12回訪れる新月。

このタイミングを活用して、理想の自分を追求してみてはいかがでしょう?

もちろん、ボイドタイムには気をつけてくださいね。

今日は19:07にボイドタイムが終わって以降、
20時~なるべく20日中にお願い事をするといいですよ!

ボイドタイムを常に把握しておきたいなら、「MOON DIARY」を活用することをおススメします。

私も10年近くこの手帳を活用しています。

コメントを残す