密着取材!Reikoの個人鑑定

Reiko公式サイトを公開して以来、
こんな質問を受けることがあります。

  • 「個人鑑定って何をするんですか?」
  • 「ホロスコープって何ですか?」
  • 「わけのわからない図(ホロスコープ)はどうやって見るんですか?」

そりゃ、初めての人はいろいろ疑問に思いますよね。

そんなわけで、下半期に突入した今日からは、
私がどうやってこのホロスコープを読み解き、
鑑定をしているのかを惜しみなく紹介していこうと思います。

今日は第一弾ということで、
鑑定予約を受けてから、鑑定のフィードバックをするまでに私がしていることを紹介します。

1.鑑定予約が入る

こんな感じのメールが届きます。
そして鑑定をするために重要な次の情報をチェックします。

  • 生年月日と生まれた時間
  • 生まれた場所

そして、予約して頂いた方にメールを返信します。

2.ホロスコープを作成する

ホロスコープを作るために必要なのが、
「生年月日(できれば生まれた時間も)」と「生まれた場所」です。

それがわかると、こんなホロスコープが出来上がります。

これがホロスコープですが、わけがわからないですよね(笑)
このホロスコープは、「風間運一郎さん」が生まれた瞬間の出生図です。
色々なことが刻まれていますが、今回は一番わかりやすい次の3つの事だけ押さえていきましょう。

  • 10天体
  • 星座(西洋占星術では”サイン”といいます。外周にあるマーク)
  • ハウス(個人、家庭、社会、グループ、パートナー、所有物といった具体的な活動域。1~12の数字)

図に書き込むと、こんな感じです。

※詳しく見たい方は画像をクリックしてください。

ちなみに、占いというと星座が注目されがちです。
でも、星座というのは、どの天体とくっついているのかが重要なのです。

天体にはそれぞれに司るテーマがあります。

感情だったら月、基本的知性は水星、恋愛は金星、主体性は太陽、といった感じです。

太陽を例に挙げると、太陽という主体性をどのように表現するのかは、星座(サイン)でわかるのです。

では、その主体性がどの範囲で発揮されるのかは、ハウスでわかります。

「風間運一郎さん」の場合、
主体性を発揮する太陽は蟹座にあります。

このあたりのことは、別途詳しく解説していきますので、焦らずに…。

3.鑑定の準備をする

私の場合、2時間くらいかけて鑑定の準備をします。
準備の流れをざっくりと紹介します。

  1. アセンダント(生まれた瞬間の太陽が昇る東の地平線)にある星座を見る
    →その人の見た目、雰囲気がわかる。「風間運一郎さん」の場合、乙女座の14度76分なので、その特徴を調べます。
  2. どのハウス(具体的な活動域)にどの天体が多いのかを見る
    ある特定のハウスに天体が集中しているという事は、そのハウスに関することが人生の大きなテーマです。
    「風間運一郎さん」の場合、主にお金稼ぐ部屋である第2ハウスに4天体(火星、土星、冥王星、木星)が集中しています。
    例えば、第2ハウスに火星がある人は、短期間で資産を築くセンスがあります。ハイリスク・ハイリターンを好む傾向もあります。
    しかも、拡大と幸運を表す木星も第2ハウスにあるので、年を重ねれば重ねるほど、富も増えます。
    しかしながら、土星もあるので…………。
  3. 主体性がテーマの太陽が、どの星座で、どのハウスにあるのかを見る(もちろん、他のすべての天体も見ます)
    →太陽が表すものは、自分らしい人生です。「風間運一郎さん」の太陽は蟹座で、10ハウスにあります。
    蟹座は母性や育むという特性があります。10ハウスは社会の中で到達したい目標が示されています。
    運一郎さんにとって、「人生の目標」=「仕事の成功」です。仕事には恵まれやすく、どんな職業でも成功しやすいです。
    しかも、太陽は蟹座なので、信頼関係を築くのがうまく、部下を育てるマネージャーとしての素質も十分にあります。
    同様に月、火星、金星など、最低でも10天体をみます。
  4. 仕事や適職を見るうえで重要なポイントであるMC(10ハウスの始まり)を見る
    →「風間運一郎さん」のMCは、双子座です。デスクワーク、運送、記者、出版、通信業などなど……向いている仕事を明らかにしていきます。
  5. 各天体の細かい度数を見る
    →例えば、「風間運一郎さん」の火星をみると、天秤座13度(12度98分なので、13度と見ます)です。
    それぞれの度数には意味があり、天秤座13度には、「シャボン玉を膨らませる子供たち」というシンボルがついています。
    これが意味するのは、「想像力とファンタジーの能力。シャボン玉は作られては消え、作られては消えるが、こういう一連の遊びのなかで知性は鍛えられ応用的な能力が発達する。実用性と深刻さ、真剣さには欠けていると思われるが、これは知能の洗練に不可欠な要素」
    このことから、遊び心をもって次々とアイデアを出します。それが没になったとしても、くじけることなくさらにアイデアを出す人である。
    こうしたシンボルをすべての天体でも読み解き、その人の様々な側面を明らかにしていきます。そこから、その人の使命や強み、気をつけること、今世の課題などを読み解きます。
  6. 天体同士の角度を見る
    天体同士の角度も重要です。
    角度をみることによって、優位に働いているか、制限をかけられているかなどを読み解いていきます。
  7. まとめ
    この世に何をするために生まれてきたのか、それを前進させるのには何をしたらいいのか、乗り越えなくてはならない課題はどこにあるのか、死ぬ間際に「ああ生まれてきて良かった」と思えるためには何をしたらいいのかを読み解きます。
    また、その人が特に知りたいことを様々な角度から分析します。

準備で出来上がった資料はこんな感じです。

 

4.ご本人へのフィードバック

鑑定は、対面鑑定と電話鑑定があります。
約2時間かけて紐解いた情報を1時間でフィードバックします。盛りだくさんです。

また、鑑定をしているうちに、徐々にご本人の悩みの本質が見えてきます。

それがホロスコープでどのように表れているのか、またどのように向き合っていけばよいのか、
乗り越えることで何を得られるのか、
とにかくいろいろなことをお伝えしていきます。

個人鑑定で何を得られるのか?

一言で表現するなら、迷いがなくなるということです。

なぜ迷いがなくなるのかというと、
これまでの人生がホロスコープ通りであることが分かるからです。
そして、今抱えている課題もホロスコープに表れているのです。

それを乗り越えることをあなたは選んで生まれてきているのです。

そしてあなたの周りにいる人たちは、あなたの今世の課題を乗り越えるため、使命を果たすために必要不可欠なパートナーなのです。

それがわかった瞬間に、今まで気がつかなかった深い愛情に包まれることでしょう。

そんなわけで、今日は麗子の個人鑑定・密着取材でした!

プレゼントもご用意しましたので、受け取ってくださいね~

 

[cta id=”981″ vid=”0″]

コメントを残す