【開運スポット】仙酔島でエネルギーチャージのすゝめ

日本には様々なパワースポットがあります。
私も伊勢神宮や屋久島など様々なパワースポットを巡ってきました。

でも、まだまだ私の知らないパワースポットがたくさんあります。
その一つが、仙酔島(広島県福山市)です。

近所の友達から「めっちゃええで~」と言われていましたが、
本当に良かったです!

一言で表現するなら、
神々が宿る神聖な大地のエネルギーと直接つながることができる場所です。

そんなパワースポット・仙酔島を紹介していきます。

  • 人生感を変えたい
  • 自分らしい人生を生きたい
  • 人生をリセットしたい・見つめ直したい

仙酔島はそんな方にオススメの場所です。

 

仙酔島ってどんなところ?

仙酔島の場所とアクセス方法

広島県福山市の瀬戸内海に浮かぶ島です。

離島ではありますが、鞆の浦から船でたった5分。
しかも、1時間に3本(2本の時間帯もあり)出ていて、
往復240円と格安です。

船情報はこちら

ちなみに、私が住む神戸からは高速道路を利用して3時間以内です。
山陽自動車道「福山東IC」で下車すると、乗船場に近いです。

 

仙酔島にまつわる話 其の一「亀の島」

仙酔島には様々な言い伝えが残っています。

たとえば、仙酔島はその形から「亀の島」とも呼ばれています。
右側から頭・甲羅・前足・後ろ足となっています。
また、周りの小島も大亀の方を向いている小亀の群れに見えます。
亀に亀が集まってできた島だから「亀の島」と昔から言われているそうです。

仙酔島にまつわる話 其の二「浦島太郎の浜」

仙酔島が浦島太郎発祥の地だとする説があります。
亀の島と呼ばれる仙酔島には弁天様もあり、
しかも仙酔島の砂浜には乙姫様が降りる階段があるといわれています。

浦島太郎の物語に出てくる「亀」「竜宮」「乙姫様」という重要なキーワードが出てくる仙酔島は、もしかしたら浦島太郎伝説の舞台だったのかもしれません。

開運の地・仙酔島

仙酔島の各地に七福神が鎮座されているそうです。
運という字は「軍:七福神 之:龍」から構成され、運とは七福神が龍の化身である船に乗った状態の宝船と云われています。

また、宇宙の神秘に心を向けたとき、目の前に大門が現れ、天と地を繋ぐ宮柱が現れると云われ、仙酔島にはそのような場所が存在するそうです。

これこそ仙酔島が開運の地と云われる所以です。

 

Reikoオススメの仙酔島での過ごし方

01:「龍神橋」で願い事

渡船乗場から道なりに歩いていくと、願いが叶うと云われる「龍神橋」があります。

橋を渡ると、目の前に地面から頭を出した石があり、その上に立って願い事を1つだけしましょう。

龍神橋の渡り方などは指南されているので、それに従って願い事をすること。

02:浄化力の凄まじい「江戸風呂」でデトックス

仙酔島には「江戸風呂」という温泉があります。
健康とは体に悪いものを溜めないこと“という考えのもと、自然の力を駆使した浄化力の高い温泉が多数あります。

温泉の入り方も指南されていて、それ通りに入浴するとデトックス効果も高まるそうです。

「洞窟蒸し風呂」が3種類あり、体中からドロッとした汗が溢れ出ます。
マラソンランナーが10㌔以上走らないと出ないような脂質がわずか数分で出てしまうものなど、どれも凄まじさを感じる蒸し風呂です。

また、「母親の胎内風呂」は、その名のごとく母親の胎内に限りなく近いお風呂です。体がぷかぷか浮き、全身が浮けば健康的な状態で、沈んでいる部位は不調のサインを示しているそうです。

月ごとに内容が変わる「歳時記風呂」もあります。私が訪れた6月は「ドクダミ」でした。

「江戸風呂」のなかで、私をはじめ、主人や友達が口をそろえてイチオシするのが「世界一露天風呂」です。仙酔島の海の癒しを体感できます。体中の悪いものを一切合切大地のエネルギーが洗い清めてくれます。また、砂浜を歩くことで体中に溜まった電磁波を放出してくれます。体内の電磁波は基本的に放出されませんが、この砂浜を歩くだけで簡単に放出されてしまいます。
あと、一番やってもらいたいことは、砂浜に大の字で寝転ぶこと。母なる大地のエネルギーとダイレクトにつながることができます。
主人も友達も地球のダイナミックな引力を全身で感じ取り、体の悪いものが吸い取られ、エネルギーが充填された感覚があったそうです。

今まで全国各地の様々な温泉に行きましたが、仙酔島の温泉ほど浄化力の凄まじい場所はありません!

お風呂に関してはこちら

03:海の幸で舌鼓

食は「人を良くする」と書きます。
仙酔島の食事もこのコンセプトでご用意されています。

なかでもイチオシは「囲炉裏懐石コース」です。
活き鮑(アワビ)、車海老、鯛、河豚(フグ)を炭火で焼いて食べます。他にも、鯛のお造りや鯛めしも絶品でした。鯛めしは旨味が凝縮されていて、そのままでも出汁茶漬けにしても美味しかったです。
また、鯛には「鯛の鯛」と呼ばれる鯛の姿に似た骨があり、それを財布に入れると金運アップするそうで、これも料理長が丁寧に取り出しお渡ししてくれました。

朝食時は、朝から宿泊者全員参加で餅つきをします。
※男性陣は最初と最後の大変な作業を任されます(笑)

お餅には神様の魂が宿り、生命力が与えられると云われています。
自分達でついた餅と「ふくたち(野菜)」と「ふぐ」の福のついた具材などが入ったお雑煮は絶品でした。

04:五色岩で自分に必要なエネルギーをチャージ

渡船乗場から海岸沿いに15分程歩くと五色岩があります。
黒・赤・青・黄・白の五色からなる五色岩。非常にエネルギーの高い場所で、それぞれ違ったエネルギーを放っているそうです。
それぞれの色の石に触れてみると、温かく感じたり冷たく感じたりします。
温かく感じる色の石は、自分に不足するエネルギーだそうで、その色を重点的に触ることで不足したエネルギーをチャージできます。

05:「閃きの門」で瞑想

五色岩からさらに数十メートル進むと「閃き(ひらめき)の門」があります。
この地で、宇宙の神秘に心を向けたとき、目の前に大門が現れ、天と地をつなぐ宮柱が現れると云われています。
大門が開くことで、生まれてきた役割に気づくことができるそうです。

06:ゆっくりと読書し、内面を豊かに

私たちが宿泊した
人生感が変わる宿「ここから」には
「知恵の間」があり、様々な本が置かれています。

この宿にはテレビなど日常当たり前にあるようなものがありません。
日常の延長ではなく、スマホや時計を置いて五感に耳を傾ける
そんな時間が人生を変える気づきにつながるのかもしれません。

ちなみに、うちの主人は球界の偉人・野村克也さんの本を読み、
その言葉にだいぶ触発されたそうです。

他にも宿内には、古の教えがたくさん散りばめられていて、館内を歩くだけでも勉強になります。

07:鳥ノ口展望台で日の出を見よう

ここからの朝日は、日本で一番最初に登ると云われています。
足利義昭も鞆に流されたときに、京に思いをはせながらここでよく見えない京を眺めていたそうです。

 

まとめ:自分の原点に立ち返りたい方、人生を変えたい方は仙酔島へ行こう

以前から行きたいと思っていた仙酔島。
今回行ってみて、これほどまでに期待を越える場所だとは思ってもいませんでした。

仙酔島全体が神聖さで満ちていて、どこに行っても人生で大切な言葉が散りばめられていて、たくさんの気づきを得られました。

体中の不要なモノを排出できる江戸風呂温泉は特に最高でした。
これだけでも定期的に行く価値があると思いました。また、あの砂浜に寝転び、母なる大地のエネルギーと繋がりたいです。

吉方位の時に思いきり行くことで、運気も思いきり上がることでしょう!

P.S.
私たちが泊まった宿、人生感が変わる宿「ここから」は色々なプランがあって、とてもユニークな宿です。宿情報はこちら