Reikoの超おススメ本

どうすれば願望実現するのか、、、

 

これは人類の永遠のテーマかもしれません。

 

「引き寄せ」「成功哲学」などなど、願望実現に関する本が溢れていますが、
私が衝撃を受けた一冊をご紹介します。

 

これほどまでに、逆説的で、しかも科学的に願望実現について書かれた本はないような気がします。

私も、この本で学んだことを日々実践しています。

 

あなたにも革命をもたらすかもしれません、、、

 

リアリティ・トランサーフィン

ロシアのもと量子物理学者で、ロシア人作家のヴァジム・ゼランドさんが書いた本です。

今のところ4冊あります。

どの一冊も革命的な本です。

内容は大胆で、量子物理学者であっただけに、理屈もあります。

 

こんなあなたにおススメ

内容は衝撃的です。(何度も言いますが、、、)

なぜ願望が実現しないんだろう、どうしてあの人ばかりいいことが起きるのだろう、、

心の中で解明されなかった疑問に答えを与えてくれる、そんな内容です。

こんな方には、おススメです。

  • 思い通りの人生を送りたい
  • 頑張っているのに、一向に実現の兆しが見えない
  • 精神論ではなくて、確実性のあるノウハウを知りたい
  • これまであらゆる自己啓発本やスピリチュアル本を読んだけど、ピンと来ない方
  • なかなか前に踏み出せない
  • 不思議なノウハウを知りたい

 

内容を一部ご紹介

「リアリティ・トランサーフィン」シリーズの本は全部で4冊あります。

どの本から読んでもいいですが、私としては「1」か「2」から読むことをおススメします。

というのも、この本では、あまりなじみのない用語が出てきます。

また、もと量子物理学者というだけあって、言葉の定義も明確です。

その言葉の定義をきちんと解説してくれているのが、「1」「2」になります。

 

私が、「願望」と「意図」を使い分けていることはご存知でしたか?

これを知るだけでも、あなたが手にする結果は異なります。

 

そんなわけで、今回は「リアリティ・トランサーフィン」シリーズの第二巻「[願望実現]魂の快/不快の選択」の目次と、各章の要約をご紹介します。

『[願望実現の法則]リアリティ・トランサーフィン2 魂の快/不快の選択』ヴァジム・ゼランド、2007年、徳間書店

 

目次

はじめに(監訳者まえがき)

まえがき

第1章 意図 「あなたの可能性は意図によってのみ制限される」

  • 夢の中での目覚め
  • 夢見空間
  • 意図の魔力
  • 外的意図
  • ゲームのシナリオ
  • あなたの決まりによるゲーム
  • 意図の純化
  • まとめ

第2章 スライド 「あなたは最も素晴らしいものに値する」

  • まぼろし
  • 現実の歪曲
  • ポジ・スライド
  • 快適域の拡大
  • 目的の視覚化
  • プロセスの視覚化
  • 乗り換え用の鎖
  • まとめ

第3章 魂と理性 「魂は無邪気な小さな両手を差し出しながら、この世界に降りてくる」

  • 意図の風
  • 魂の帆
  • あなたの内なる魔法使い
  • 蜃気楼
  • 守護天使
  • 魂を入れる箱
  • フレイル
  • 魂と理性の一致
  • 音声スライド
  • バリアントの空間への窓
  • フレーム(額縁)
  • まとめ

第4章 目的と扉 「あなたは固定観念をたたき壊して、扉を開ける」

  • 自分の品物の選び方
  • 流行の押しつけ方
  • 他人の目的
  • 固定観念の打破
  • あなたの目的
  • あなたの扉
  • 意図
  • 現実化
  • インスピレーション
  • 目的の蘇生
  • まとめ

本書に登場したキーワード

監訳者あとがき

 

第1章「意図」の要約

夢を見るということは、どこからもたらされるのか? それが人間の理性による想像力の産物に過ぎないということは、果たして本当だろうか? 夢を見ることと現実生活との間には何か共通なものがあるのだろうか?

エジプトのピラミッドなどの建築物を作り上げた古代の魔術師たちの力を覆っていたベールが今、明かされようとしている。

引用:『[願望実現の法則]リアリティ・トランサーフィン2 魂の快/不快の選択』ヴァジム・ゼランド、2007年、徳間書店

 

第2章「スライド」の要約

なぜ願望は実現せず、夢は叶わないのか? 望んいるものを実現するためには、どのようにして「注文」を出せばよいかを知る必要がある。

本章以降は、注文を現実化させる技法に関する具体的かつ実践的なアドバイスをご紹介する。

これは魔法使いへの第一歩である。

引用:『[願望実現の法則]リアリティ・トランサーフィン2 魂の快/不快の選択』ヴァジム・ゼランド、2007年、徳間書店

 

第3章「魂と理性」の要約

人には大きな力がある。それは精神的エネルギーと呼ばれることもある。

一人ひとりには魔術師としての能力があるが、それを発揮する道は奥深くで遮断されている。

各人の内部に眠る資質や潜在的な可能性への扉を開く鍵は、身近なところにあるのだ。

すぐそばに驚くべきことがあるのに、人はそれに注意をはらわない。

引用:『[願望実現の法則]リアリティ・トランサーフィン2 魂の快/不快の選択』ヴァジム・ゼランド、2007年、徳間書店

 

第4章「目的と扉」の要約

誰にも本当の幸福を得ることのできる自分だけの道がある。それをどうやって見つけたらよいのか? あなたはその方法をまもなく知ることになる。

願望とあなたの可能性がいつも一致しているとはかぎらない。目指す目的をどのようにして達成したらよいのだろう? あなたの可能性を限定するのはあなたの意図だけなのだ。このことを、まもなくあなたは納得するだろう。

あなたは固定観念という錠前をたたき壊し、以前は近寄りがたいと思っていた扉を開ける。

引用:『[願望実現の法則]リアリティ・トランサーフィン2 魂の快/不快の選択』ヴァジム・ゼランド、2007年、徳間書店

 

願望実現のために、あなたはルールを変える必要がある!?

リアリティ・トランサーフィンは、まさに私の人生を変えた一冊です。

他にも良書はありますが、この本は手放せません。

でも、この本はある意味危険です。

だって、あなたの常識が崩れるかもしれないからです。

常識が崩れるということは、ルールが変わることを意味します。

ルールが変わることを受け入れられるのなら、この本はあなたに恩恵をもたらすかもしれません。

 

他の3冊も革命的な内容

最初は、「1」か「2」を読むことをおススメします。

それで、リアリティ・トランサーフィンの世界をもっと知りたいと思った方は、他の巻も読んでみたらいかがでしょう。

その他のシリーズも、随時ご紹介しますので、お待ちくださいね!

以下、シリーズ全作です。

 

まとめ:あなたの人生を変えてしまう内容が詰まっている

人生が変わる瞬間というのは、衝撃的です。

ある意味では、「破壊」と「再生」です。

それはある意味、宇宙のリズムかもしれません。

ローマ教会にとって、地動説が破壊的であったように、それくらいあなたの常識にメスを入れる一冊でしょう。

でも、それを受け入れることで、あなたはもっと生きやすくなることでしょう。

 

 

コメントを残す