焦らなくていい!

いろいろな業界で若手の方々の活躍が目立つようになりました。

そんな姿を見ると、自分も早く活躍したい! 成果を出したい!と思ってしまうのではないでしょうか?

そんなあなたに「焦ることはない」と言いたいです。

それにはきちんと理由があります。

 

早ければいいというものではない

早く活躍する、それに越したことはありません。

活躍しているということは波に乗っているということですからね!

芸能界、スポーツ界、ビジネスの業界でも、若い頃から活躍している人はたくさんいます。

でも、若い頃から活躍している人の多くは、その後幾度となく挫折を味わっています。

もちろん、そう見せない人もいますが、間違いなく挫折を味わっていることでしょう。

大切なことは早さではありません。

誰にでも遅かれ早かれ課題に直面するのです。

それを乗り越えていけるかが重要です。

 

世の中の原理原則

この世には原理原則があると私は信じています。

代表的なものは、「陰と陽」です。

光と闇、昼と夜、始まりと終わり。

この世の中に絶対不変なことはありません。

だから、栄光が続くことなんて絶対ないのです。

流行には終わりが来ます。

波に乗ることで、実力以上に世間に認められやすくなるでしょう。

しかし、それ以降は実力勝負です。

 

不運・不況・失敗こそが人を強くする

景気にも好況・不況があります。

当然ながら、その波に飲み込まれ、淘汰されてしまうこともあるでしょう。

しかし、これは必然なのです。

不運も失敗も必然です。

それらを乗り越える力が、本物になるためには必要なのです。

これを乗り越えてこそ、実力です。本当の力です。

しっかりと実力をつければ、あなたの実力に相応しい舞台はやがて訪れます。

だから、自分の成長させることをやめないでください。

 

すべての機会が学び

先日、東野圭吾さんの小説「真夏の方程式」を原作にした映画を観ました。

久しぶりに感動しました。

東野圭吾さんの小説では、人間が抱える葛藤がうまく描写されていて、本当におススメです。

映画の終盤に、物理学者の湯川が少年に次のように語りかける場面があります。

この夏休み、君はいろいろなことを学んだ。

問題には必ず答えがある。

だけど、それをすぐに導き出せるとは限らない。

これから先、君はそういうことを、いくつも経験していくだろう。

それは僕も同じだ。

でも、焦ることはない。

僕達自身が成長していけば、きっと、その答えにたどり着けるはずだ。

君がその答えを見つけるまで、僕も一緒に考える。一緒に悩み続ける。

忘れるな。

君は一人じゃない。

わからないこと、できないことがあるのは当然です。

人生とは、自分の抱えている課題をいかに乗り越えるか。

あなたが成長すれば、乗り越えるときが来るのです。

焦る気持ちもあるでしょう。でも、焦る気持ちや恐れる気持ちも含めて、私たちの人生はすべてが学びです。

それを忘れないでください。

 

握手したくなる自分に向かって前に進もう

成長は、自分にしか手に入れられないものです。

あなたの成長は、あなたの財産です。

大変な道のりかもしれませんが、そこにあなたがいるということは、あなたは乗り越えるだけの潜在的な力を持っているということです。

もちろん、周囲の協力もあるでしょう。あなたにヒントを与えたり、勢いをつけたりするでしょう。

でも、最終的にはあなた自身で乗り越えるのです。

私たちはその姿を見ることしかできません。

あなたが自分の成長を手に入れ、実感し、歓喜する姿を見るだけで十分なのです。

それが人生というものです。

焦らず、そしてあきらめずに、一歩ずつ進んでいきましょう。

もちろん、私もあなたと同じように進んでいきます。

 

P.S

力強く生きていきたいという方には、東野圭吾さんの小説がおススメです。

皮肉な結末でありながら、人間愛に溢れている、とても心が浄化される素晴らしい作品です。

やっぱりおススメは、「真夏の方程式」です!

 

コメントを残す