だからいつまでたっても変わらない

お正月、あなたはおみくじを引いたと思います。

なぜおみくじを引いたのか、それは今年こそ変わりたいという期待があったからではないでしょうか?

それからというもの、雑誌を開いては今月の運勢を見る。

Yahoo!を開いては今日の運勢を見る。

今月こそは変わりたい。今日こそはいいことがあるかな。

 

一度、自分の運勢を占ってもらいながら、何度も何度も占ってもらう、、、

でも、一向に変わらない。

こんなスパイラルに陥っていませんか?

 

なぜ何度も占うのか

仏教では、涅槃に至るための八正道というものがあります。悟りへの道です。

なかでも、「正見(しょうけん)」が何よりも重要だと説かれています。

つまり、真理を正しく知ることです。

真理を正しく見れないと、一喜一憂したり、他人を欺こうとしたり、損得勘定で物事を判断したり、忍耐できなかったり、道を踏み外す原因になるのです。

幸せから遠ざかるのは、正しく真理を見れないからです。

努力が足りないわけでも、能力不足でもありません。

「恋愛は人を盲目にする」なんてことをよく聞きますが、私たちの判断や視界を歪ませるきっかけがたくさん潜んでいます。

  • 有名になると偉ぶる
  • お金をもつと強欲になる
  • 慣れると何でも当たり前に感じ、刺激を求める

ほんの一例ですが、これらのきっかけで正しく真理を見れなくなるのです。

そうなると、自分の願望を叶えるために、不満を解消するために、外に何かを期待したり、間違った行動をとったりするのです。

「もっと私にピッタリの何かがあるはずだ」

「きっと一発当てる何かがあるはずだ」

そうやって、目的地をコロコロと変えて、燃料も尽き果てて、どこにも行けなくなる。

何度も自分を占うのも、正しく真理を見れないからなのです。

「今年こそ理想の自分になる」

「これが私の運命なんかじゃない」

「私の運命をぴったり言い当てる何かがあるはずだ」

「今月こそ何かいいことがあるはずだわ」

「今日は追い風が吹くかな?」

「やったー!大吉だわ!やっぱりこの神社は私の味方だわ」

 

それを毎年毎年、毎月毎月、毎日毎日繰り返す。

もっとビッグなものが来るはずだと、、、

 

運命はだいたい決まってる

所詮、運命なんてだいたい決まっています。

私のホロスコープを見ても、主人のホロスコープを見ても、息子のホロスコープを見ても、やっぱりホロスコープに象徴された人生を歩んでいます。

じゃあ、ホロスコープ通りの人生がつまらないのかといえば、毎日楽しいです。

だって、ホロスコープに示されているのは道のようなもので、結果ではないからです。

どこまで大成するかは、自分次第です。

「おれはこの道では天才なんだ」と自惚れた瞬間、力をつける機会を見過ごすでしょう。

ちょっとの努力で結果が出るかもしれません。

ものすごく頑張ったのに、結果が出ないかもしれません。

でも、正しく真理を見れば、あなたは確実に運命を切り開くことができるのです。

この瞬間に何を選択し、何をするか。

ビッグチャンスが訪れるのをずっと、ずーっと待っているのも、それも選択です。

一つだけ確かなのは、
目の前の出来事はあなた以外のものによって引き起こされている以上、
あなたが動いたほうが見たい景色に出くわせる、ということ。

待つもよし!

動くもよし!

 

ホロスコープの活用法

多くの人は、同じ本を何度も読みません。

占いでも、一度占ってもらったらそれきりです。

ちなみに、私は占いの際に、必ずメモをとり、何度も何度も読み返します。

なぜ何度も読み返すのかというと、ズレたマインドを戻してくれるからです。

西谷泰人先生に手相鑑定してもらったときのもの、自分のホロスコープ、その他諸々。

読み返すことで、本当の自分に戻れるのです。

ホロスコープに関して言えば、次のようなことで参考になりますよ。

現在の年齢域の運勢を知る

あなたの人生に影響を与える天体は、年齢によって異なります。

今、あなたは、特にどの天体の影響を受けどんな運勢なのか何をすることがベストか気をつけるべきことは何かを知ることができます。

 

今世の課題を知る

人生にはあなた特有のパターンがあります。

例えば、私だったら「学び」と「共有・行動」を繰り返すと富がもたらされます。

そんなふうに、あなたの人生のパターンや、気をつけるべき課題をつねに念頭に置いておくことで、ズレたマインドを正常に戻すことができます。

 

未来の運勢もわかる

星や天体はつねに動いています。

それに連動するように私たちの人生も変化します。

そうした天体のリズムから、未来を知ることができます。

1年後の運勢、来月の運勢を知ることで、気持ちの準備ができますよね。

 

辛い時ほどホロスコープがヒントを与えてくれる

ホロスコープでは、あなたの特徴や運勢などに関して、一般的な占い以上にたくさんの情報を提供してくれます。

たとえば、仕事に関してやる気がでないときなど、一度ホロスコープを読み返してみると、
「○○の天体が影響してたのね。」
「この試練は、もともと予定されていたことだったんだ」
「獅子座19度のサビアンシンボルは”ハウスボードのパーティー”だから、考えこまず気ままにやるといいアイデアが浮かんだりやる気が湧いてくるんだった」
などと、いまの状況への回答や改善策を教えてくれるのです。

サビアンシンボルやそのほかの様々な情報は私が調べてフィードバックするので、調べる必要も勉強する必要もありません。

 

まとめ:迷ったときこそ原点に戻ることが大切

私たちは、つい目新しいことに興味をもちます。

それ自体は素晴らしいことです。

しかし、楽な道を求めた瞬間に、歪めて物事を捉えてしまいます。

ありそうもないことを、あるように期待して、探し求める。

あの人が手に入れたんだから、私にだって手に入るはずだ。

あの人がひと山当てたんだから、私にだってできるはずだ。

これが苦しみの原因です。

期待は持つだけ損です。

砂漠に映る蜃気楼のようなものです。

目の前のことを片付けずして、新たな道などやって来ません。

それはいつでもあなたに訪れるのです。

それが今世の課題だからです。

それがあなたにとって魂を磨く道だからです。

それを乗り越えた瞬間に、あなたは達成を経験するのです。

それが糧になり、さらに進む力を得るのです。

ホロスコープにはそのヒントが隠されていますよ。

もう、探すのは辞めて、目の前のことにきちんと向き合いましょう。

コメントを残す