Reikoが10年以上使っている手帳

定期的に魔の時間が訪れていることをご存知ですか?

魔の時間では、何をしてもうまくいかないと言われており、
レーガン元米大統領もその時間帯での会議を避け、そうでないときに重要な決断をするようにしていたとか…。

この魔の時間を意識するかどうかで、これからの未来は大きく変わるかも!?

私も10年位前から、ボイドタイムを意識して生活しています。

その管理は手帳一冊で簡単にできてしまうんです。

今回は、ボイドタイムと合わせて、Reikoが10年以上愛用している手帳もご紹介します。

魔の時間とは?

何をしてもうまくいかない「魔の時間」は、別名「ボイドタイム」といいます。

ボイドタイムは、西洋占星術の用語です。
西洋占星術では、太陽や月、火星、土星など10の天体位置や、天体同士の角度から運気をみます。
他の天体と主要な角度をとらない時間帯をボイドタイムといい、
月からのエネルギーが遮断される時間帯です。

月からのエネルギーが遮断されると、次のようなことが起こります。

☑ 思考力が低下する
☑ 情報伝達がうまくいかない
☑ 情緒不安定になる
☑ ミスが多発する

レーガン元米大統領が、ボイドタイムに会議を避けていたのも、
月が人間に与える影響を知っていたからでしょう。
さすが、宇宙開発の最先端をいくアメリカ!

ボイドタイムに避けるべきこと

基本的に、新しいことを始める、決断をするというのはやめたほうがいいです。

ボイドタイムでは、重要なこと、特別なことを避ける!

これが鉄則。

以下のことをしないように参考にしてください。

☑ 新しいことを始める(口座開設、セミナー、就職←こればかりは、自分では決められませんが…、予約)

☑ 新しい出会い(接待、面接←こればかりはね…笑、パーティーなど)

☑ 買い物(不動産、宝石、日用品以外の贅沢品はやめましょう)

☑ 重要な決断(結婚、商談、お金がからむこと、責任を背負うこと)

 

ボイドタイムにすること

ルーティンでできることはいいですね。

☑ 慣れた仕事(整理整頓なども含む。決断を要しないというのがポイント)

☑ スピリチュアルなことに触れる(瞑想、ヨガ、読書など)

☑ 睡眠・リラックス

 

ボイドタイムがわかる手帳

ボイドタイムを知りたいなら、「2017年10月 ボイドタイム」と検索すればたくさんでてきます。

ボイドタイムは2時間前後で終わることもあれば、1日以上あることもあります。

今後のスケジュール作成にご活用ください。

私のおススメは、「MOON  DIARY手帳」(\880+税)です。

西洋占星術の権威的存在である松村潔先生が監修する手帳です。

この手帳は、ボイドタイムが分単位で示してあります。まさに月のリズムに沿った手帳なのです。

私はかれこれ10年くらい使っています。

2018年版も購入しました。

MOON DIARYの使い方

  • 大切や契約ごとはボイドタイムを避ける
  • 新月のお願いは、新月の時間になってから、しかもボイドタイムを避けてお願いすること
  • その日ごとに月がどの星座にあるのかが示されているので、その星座に合った予定を可能な限り入れる
    例:月がやぎ座にあるときは、長期的な計画を立てる日、骨・皮膚・歯を司るので歯医者さんに行く。

願望達成のコラムなんかもあって、参考になります。

 

まとめ:ボイドタイムを活用して、物事をスイスイ進めよう

ボイドタイムにとらわれ過ぎるのもよくありませんが、適度に活用することは大切です。

”頭を使う仕事を食事前に済ませる”というように、
ボイドタイムには決断を要しない仕事を入れる、ルーティンワークをするといった感じでいいのです。

是非、このボイドタイムを活用してみてくださいね!

 

 

コメントを残す