2018年はこういう年です

旧正月を迎え、2018年が本格的に始動しました。

九星気学でいうと「九紫火星」です。干支でいえば「戌年」です。他にも、数秘や四柱推命、西洋占星術などで見ても、新たな1年がスタートしています。

年運を調べるにあたって、色々な観点があるので、様々な解釈ができるでしょう。

ちなみに、20年以上開運行動を実践してきたReikoは2018年をこのように捉えています。

Reikoが占う2018年の行方

2018年は春がない!?

どういうことか説明します。
2018年2月16日は旧正月でした。
旧正月というのは雨水(2月19日ごろ)の直前の朔日(新月)であり、毎年1月21日頃から2月20日頃まで変動します。

一般的には、この正月を迎えてから春が訪れる(立春2月4日)わけですが、今年は立春の後に旧正月を迎えました。つまり、2018年という新しい年を迎えましたが、立春は過ぎてしまっているので、暦的に春はやって来ません。

これは何を意味しているのか?
「春」には成長という側面があります。つまり、「春」がないということは“成長しづらい”ということ。目に見える成長・成果をなかなか得にくい1年になるということです。

でもご安心ください!

四柱推命でみると、今年は「木」の象意が多い1年です。「木」はリソースなので「成長」をもたらします。いままで取り組んできたこと、これから取り組むことはあなたに成長をもたらすでしょう!

2018年は「金」の象意がないので、、、

2018年、最も注意すべきは金運。全体的に金運の思わしくない1年になります。でも、ご安心ください。金の象意がないのなら、補えばいいんです!その方法をお伝えします!!

金色のものを飾る

例えば、トロフィーとかメダルなど、金色のものがきっとあるはずです。そういったものを部屋に飾るなどして華やかさを出しましょう。

金色のアクセサリーを身につける

お出かけの際につけるなら「金色」のアクセサリーにしましょう。しかも、できるだけキラキラ輝いているものがいいですね!

銀・白の服を着る

銀や白も「金」の象意を表す色です。今年は積極的に銀や白の服を着ましょう!

 

まとめ:「金」を補ってパワー全開で行きましょう!

今年1年は金運が思わしくないって、残念ですよね?だったら補っちゃえばいいじゃん!今回ご紹介した知恵を最大限活かして、楽しい1年にしていこうではありませんか。

それと、運気を思いきり上げたいのならやっぱり吉方位旅行が一番!私は2月にさっそくイタリア(西方位)へ行ってきました~。どんな効果が表れるかウキウキしています♪旅行月(2018年は7月)にも吉方位旅行に行きます。旅行月の吉方位旅行は本当におススメですよ!
2018年の旅行月